サイエンスインスポーツは運動後に使用しよう
2022年1月12日

エイジングケアサプリの基本

エイジングケアサプリに含まれる成分に抗酸化物質があります。名前の通り、酸化を防ぐ物質でビタミンCや茶カテキン、ポリフェノールなどが有名です。エイジングケアサプリに絶対と言っていいほど含まれるこれらの成分が酸化を防ぐわけですが、なぜそれがエイジングケアなのでしょうか。私たちの体は60兆個もの細胞から構成されています。

これらの細胞は1つ1つ細胞膜でおおわれていますが、この膜には多くの油分が含まれています。この油分が酸化することが老化現象なのです。油が酸化すると過酸化脂質になります。これは極端に例えてみると、掃除をしていない台所で茶色くこびりついた油汚れのようなものです。

私たちの体の中で細胞レベルでああいった現象が起こることが老化なのです。酸化する原因は活性酸素です。本来は細胞を細菌やウイルスなどから守る大事な役割の活性酸素ですが、増えすぎると細胞を攻撃することになるのです。この活性酸素はストレスなどで大量に発生することがわかっていますし、呼吸をするだけでも微量に発生をします。

そのためこれを抑えることは無理なので、ビタミンCなどの抗酸化物質の摂取が望ましいわけです。エイジングケアサプリには抗酸化物質が含まれているので、酸化をある程度は防げます。ただ、これを飲んでいれば老化しないわけではありません。栄養バランスのとれた食事、適度な運動、ストレスの発散、良質な睡眠など、健康的な生活習慣という土台があって初めて、エイジングケアサプリが本領を発揮するのです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です