サイエンスインスポーツは運動後に使用しよう
2021年11月18日

ダイエットサプリの種類とその危険性とは

ダイエットサプリは、現在各会社から様々な種類のサプリが販売されていて、ドラッグストアや通販などでも簡単に購入することができます。しかし、使用法や成分などを良く確認してから使用しないと、返って太りやすい体になってしまう恐れもあるので注意が必要です。ダイエットサプリには、食べたものの吸収を抑えてカロリーを控える効果があります。しかしその反面で、体に必要な栄養素まで吸収することなく輩出してしまう可能性があります。

ダイエットサプリの種類は様々ありますが、その中で最も効果があるのが脂質カットタイプと糖質カットタイプのサプリです。その他に、カプサイシンなどの成分を含む脂肪燃焼系や乳酸菌や食物繊維が配合されている排出系などがありますが、これらのダイエットサプリは目に見える高い効果が得られないことがあります。脂質カット系や糖質カット系は、効果が高いですが、その分副作用なども高くなる危険性があることを意識していなければなりません。糖質も脂質も、人間の体には必要な栄養素で、取りすぎることによって太ったり肥満につながりますが、体を動かすエネルギーを作ったり脳を使うのには欠かせない栄養素なのです。

そのため、疲れやすくなったりうまく頭が働かないなどの症状が出ることもあるので、使用する際はそれらの危険性も含めて考えなければなりません。ダイエットサプリだけで痩せてしまうと、筋肉量が減って基礎代謝も減り、返って太りやすい体になることもあります。サプリを服用することと、それ以外にも筋トレなどをして筋肉まで落ちないようにすることも必要です。これだけすればいい、というダイエットはリバウンドしやすい可能性も秘めているので、食事制限や適度な運動なども心がけてダイエットをしていきましょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です